一寸先は光なり

不動産全般・住宅ローンに不安のある方へ

行き場ない土地

f:id:ninbainanto:20181019102019j:plain

所有者が解らない土地

 

九州全体の広さが368万㏊。これ対して登記簿謄本でけでは所有者の解らない土地が

現在410万㏊。九州全体より広い土地の所有者が消息不明。東京を中心に関東で生活されている方にはにわかに信じがたい数字だと思います。

 

地方都市において高齢化社会が進む中、耕作放棄・農業後継者不足・空きや問題と

地方が抱える問題は大きい。

1固定資産税の徴収が難しい(所有者を探すのに費用がかかる)

2老朽化が著しい危険な空きやの処置が行いにくい

 

不動産登記の問題

 

一般的に不動産を所有した場合、不動産登記を行わない人は少ない。

目的は権利保全のため。しかしこの不動産登記は義務ではなく任意。

登記しても、しなくてもその人の自由。

 

東京に住んでいて「田舎に親父が山を持っているらしいけど、行ったことも無い、

もしくはどこからどこまでなのか全く知らない」という子供も非常に多いのが現実。

 

不動産登記の問題点として一番大きいのは「土地の価値に関係なく登記費用は普通にかかること」  「そもそも相続をしたくない土地に登記費用をかける人はいない」

「いらない土地の固定資産税など払いたくないから登記しない」

こういった様々な理由により登記簿謄本でけでは所有者を追えないケースが増えた。

 

地面師

管理できない土地が地方都市に多いのは人口減少・高齢化等々、理由は解る気がしますが、最近話題の地面師は実は東京近郊の「管理がされていない土地・空きや」を

虎視眈々と狙っています。

勝手に売買しても解らない土地を探し出すプロ、プロでも見分けのつかない「偽造書類」を作成するプロ、所有者によく似た人を探し出すプロ、

表舞台に立つ詐欺師に演技指導するプロ。等々、各種裏プロが巧妙に戦略を立て詐欺を行っていきます。

せんだって「積水ハウス」の問題がマスコミで賑わいましたが、積水ハウスにも

優秀な弁護士又は司法書士が付いているいるわけですが「見破れなかった」

 

東京近郊に親等から相続などで不動産を所有している方で現在は「空きや」

の方は、たまには「窓を開けたり」「ポストの整理」「庭掃除」等、

管理をした方がよいと思います。

 

地方でも、都心部でも「誘拐事件」「逃走事件」などが起きると警察は

「まず空きや」から捜査すると聞いたことがあります(事実か解りませんが)

 

また、「空きや」の最大の敵は「その不動産のご近所」であることが多い。

「火事でもおきたらどうするの」「薄気味悪い」「変な人が住んでないか心配」

などと言って「役所」等に相談・苦情を入れるのは大概は「ご近所」

 

100パー防ぐことは出来ないかもしれませんが、「管理」が重要であることは

変わりありません。