一寸先は光なり

不動産全般・住宅ローンに不安のある方へ

住宅ローン・離婚に伴うよくある問題

f:id:ninbainanto:20180922160242j:plain

住宅ローンと離婚

 

離婚前に決めること

 

*結婚前の復氏(苗字)に戻すか、現在のままの氏にするのか?

 子供がいる場合は手続き必要な場合あり

 

*どちらが子供を引き取るのか?

 

*財産分与、慰謝料はどうするのか?

 

*子供の養育費の額・支払い方

 

*子供を引き取らない方の親の子供への逢い方(面接交渉権)

 

*すべての財産の現状の把握

 

持家の場合、現在住んでいる家をどうするのか?

 

持家の場合、現在住んでいる家をどうするのか?この問題は非常に大切です。

住宅ローンがない、借金のない家ならば問題はありません。

 

しかし一般的には、どの家庭にも住宅ローンは存在します。

頭金、返済期間、借入金利、ボーナス払い有無等にもよりますが、

目安として、返済開始から25年前後だと売却しても借金が残るケース

が多いと思います。

 

人によっては売却しても赤字が出てしまう不動産を離婚時にどうするか?

このことは、後々トラブルにになる可能性があります。

 

離婚後のマイホーム

 

圧倒的に多いのが、離婚後にどちらかがそのままそこに住む。

という選択。他に借りても家賃はかかるので、当然といえば、当然です。

 

一般的には、女性(奥様)が子供を引き取るケースが多いので、奥さんとお子さんが

その家に残るケースが多かったですが、最近は比率は変わった気がします

(男性、お父さんが引取るケースも増えている気がします)

 

どちらが家に残るにしろ、財産分与・慰謝料・子供の養育費用・の問題が残ります。

現実的には、住宅ローン残債が残る中で、財産分与・慰謝料をもらえる(分け合える)

ことは少ないかもしれません。但し、子供の養育費用だけは別問題になります。

 

どちらかが残って住む家の問題点 「もう払えない」

 

お母さんと子どもが家に残り、今までどうりそこで生活をする。よく聞く理由に

「子供の学校を変えたくない」 当然です。

 

また慰謝料・財産分与・養育費の代わりに、別で暮らす父親がローンの残金を

払っていくという口約束。これもよくある話であり、実際多いケース。

 

しかし、離婚年齢にもよりますが、人の寿命と住宅ローンの完済年齢には

さほど違いがありません。(男性寿命だと10~15年くらい)

そのくらい住宅ローンの返済期間は長い。

 

その長い返済期間中に父親の諸事情が変わることは決して不思議なことではない。

病気・リストラ・減収・親の介護による離職・起業失敗・再婚等々、、、。

住宅ローンの残債を払いたくても払えないケース、可能性が充分にあります。

 

父親が再婚して2家族の面倒をみれるでしょか?

 たまに、元旦那が再婚したことを聞いて「あいつが結婚なんてできるの?」

と腰を抜かすほど驚く元妻がいますが

「あなたも一度は好きになって結婚したんじゃないですか?」

と聞きたくなります(笑)

 

夫婦間の口約束は非常に脆いものです。また誰が悪いわけでもなく将来のことは全く解らず、払えないものは、残念ながら払えません。まして住宅ローンという高額で長期間の支払いなど解るはずもなし。

 

 

よって離婚時に、財産分与・慰謝料・子供の養育費の問題と

住む家の問題は別々に考えることをおすすめします。

 

「こんなに早く家から出ていくなら、最低でも子供の養育費用は毎月もらって私は実家に帰った方がよかった」ということにならないように。

 

共有名義

 

「離婚時、夫との住宅ローン共有名義をはずれたい、外れますか?」

この質問は一番多いかもしれません。

答えはNO。 無理です。

 

名義は住宅ローン名義所有名義に別れます。

所有名義は登記簿謄本に記載されている名前です。

住宅ローン名義は金融機関より審査・承認を得た人。夫婦で審査を受け

共に承認を得れれば、共有名義=連帯債務者になります

 

金融機関は合算収入でお金を貸しているので、どちらかが抜けることは

絶対にゆるしません。

 

上記のように、「旦那さんが払えなくなってしまった」場合、残債務を払う義務は当然元妻に生じます。旦那さんが自己破産しても、残債務は元妻が払う義務があります。

これを逃れることはできません。自分で払っていくか、自分も自己破産するか。

 

「私の持分20%で旦那が80パーだから私は20パー払えばいいんですよね?」

という方がいますが、全くNOです。

 

一緒に暮らすはずの共有名義

 

一般的には、合算収入で審査が承認された家です。夫婦協力しあい返済を行っていく予定が、別々の道を歩くわけですから予定は大きく狂いその負担は大きくなり、破綻する可能性が高くなります。

 

先程も書きましたが、共有名義の方は養育費用等の問題と住む家の問題は別々に考えた方がよいと思います。そういう話合いを持つべきです。

 

また、責任という問題では、離婚はしたものの、住宅ローンの返済に関しては

完済時まで夫婦、パートナーです。

 

今後、不動産で一番怖いのは変動金利の上昇と地価下落。

金利はこれ以上下がることは考えづらく、地価はこれ以上、

上がることも考えづらい、、、、、

 

共有名義の方は、離婚時に綺麗さっぱり共同で購入した不動産を手放す選択肢をし、残債・養育費用等のお金の問題をしっかり話あった方が、後に怪我をしない最善の方法かもしれません。これが一番の保険かもしれません?

 

年をとってから住宅ローン(お金)の問題に直面するのは意外とつらい。

天災は忘れたころにやってくるので、、、