一寸先は光なり

不動産全般・住宅ローンに不安のある方へ

人口減少・高齢社会に伴い圧倒的な住宅(不動産)需要減少、住宅(不動産)供給過剰 

(ラーメンは好きですが、、このボリューム、いかがなものでしょうか?味は美味しいネギ味噌チャーシュー)

 

来年、2019年日本の世帯数はピークを迎えるそうです。

その数5307万世帯。来年度を境に日本の世帯数は年々減少。

 

また2021年度には最後の団塊世代団塊ジュニアが50歳を迎え、住宅需要を牽引してき

た役目を終えようとしています。2022年度、最初の団塊世代が75歳(後期高齢者

になる。

 

2033年度、空き家2167万戸を超え3戸に1戸が空き家になる。

 

20歳から49歳の人口比較

2015年度  1477万人

2040年度  1021万人

マイナス 456万人(31%減)

 

よく目にするデータですが、20歳から49歳という年齢は

賃貸住宅を含め、最も不動産需要が望める年代になります

東京、神奈川等都心部に居住されている方は実感が湧かないかも

しれませんが、近い将来おこる現実です。

2033年(15年後)、2040年(22年後)皆さんは何歳でしょうか?

あなたの不動産を相続するあなたのお子様は何歳でしょうか?

あなたの父母は何歳でしょうか?

 

年齢によっては親からの相続、子供への相続と

この需要減少時代に相続を2回経験される方も

いるでしょう。対応をいかにするか?

居住のコンパクト化が求められているのかもしれません?